ブログ

ビジネス用WordPressサイトを作る時のドメイン選び

ドメイン選び

速習WEBサイトサロンの木村建太です。

今回はビジネス用サイトをWordPressで作る前に必ず必要になるドメインについて初心者の方が事前に考えるべきポイントを解説します。

「ドメインってよく聞くけど何?」という方のために簡単に解説すると、「ドメイン=インターネットの住所」です。皆さんインターネットでホームページを見る際は、http://google.co.jpなどのURLにアクセスするはずです。このURLの「google.co.jp」などそのホームページ固有の部分をドメインと呼びます。多少語弊はありますが初心者の方はこのような理解でOKです。

 

どこの会社でドメインを取るか?設定操作が分かりやすい会社がオススメ

まずはどこの会社でドメインを取るかということです。初心者の方がドメインを取る際に考えて頂きたいポイントは、ドメインの設定操作が分かりやすい会社か?というところです。ドメイン取得にかかる費用も確かに会社によって差はあるものの実質年間数百円の差です。その数百円の費用よりは管理画面・設定画面の使いやすさで選んだ方が後悔する確率は少なくなります。

操作のしやすさで言うと私は、ムームードメインを初心者の方にオススメすることが多いです。費用も安い部類に入る会社なのでコストパフォーマンスに優れています。AKB48をCMに起用している有名どころのお名前.comも使いにくいわけではないですが、初心者の方への優しさで言うとムームードメインに軍杯が上がります。

 

日本語ドメインってどうなの?

ご存知な方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ数年「http://生茶.jp」など日本語をURLに含めた日本語ドメインというものを利用したサイトが増えました。講座でも話していますが日本語ドメインと通常の英数字ドメインの違いについて簡単に解説したいと思います。

実はあまり違いがない?

いきなりこんなこと言って申し訳ないですが、現在、日本語ドメインと英数字のドメインの極端な違いはありません。もちろん、日本語ドメインの方がパッと見た際に印象に残りやすかったり、記憶に残ったりする可能性はあります。しかし、ひと昔前に話題になったようなSEOが日本語ドメインの方が強いとかそんなことは正直あまりありません

日本語ドメインをSNS投稿する際は要注意

日本語ドメインのURLをSNSに投稿する際は注意が必要です。SNSが日本語ドメインに対応していない可能性があるからです。SNSに投稿するとhttp://www.xn--bdk3b3a1d2ck6k78.com/みたいに少し怪しいURLに変換されるので投稿を見た人の心象を悪くする可能性があります。

無難なのは英数字

以上を踏まえると日本語ドメインよりも英数字ドメインの方が無難ではあります。私個人としてはURLにこだわりたい訳でなければ無理をして日本語ドメインを使う必要はないかと思います。

 

.com .jp .net .infoなどなどどれを選ぶべきなの?

.comなどドメインの末尾に当たる部分は近年どんどん選択肢が増えています。SEO上の理由でこのあたりどのドメインを選択すべきか迷われる方が多いです。SEOに関して別の機会に詳しく解説しますが同じSEOレベルのサイトなら.jpやco.jpの方が有利になる可能性は確かにあります。.co.jpはそもそも法人以外は取得できません。.jpに関してもドメインの安全度ランキングで常に上位に位置しています。

しかし、SEOに関しては複雑に様々な要素が関わってくるため一概に全てのサイトが.jpにしたことでメリットがあるかと言われると決してそんなことはありませんSEOで大事なのはやはりサイトの内容がお客の疑問を解決しているかどうか?というところです。価格も.comや.netは初年度数百円、2年目以降は1,500円前後、jpや.co.jpは初年度から2,500円前後と差があるので、その辺りを考慮して多少価格が上がっても問題ないなら.jpそうでないなら.comや.infoを選ばれるのが無難でしょう。ちなみに私は.comや.netのサイトを複数運営していますがSEO上不利と感じたことはありません。

 

まとめ

以上ドメインいついて解説しました。初心者の方がWordPressでビジネスサイトを作るにあたって考えるべき点をまとめると、

・操作・管理画面がわかりやすい会社でドメインを取得する

・日本語ドメインは極端なメリットはないので、こだわりがなければ英数字が無難

・.jpは信頼性が高いが他のドメインでも大きな問題は特に起こらない

というような形になります。

今日も読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る