ブログ

知らなきゃ損!総務省発表のSNSの年代・性別利用率

SNSの集客について

こんにちは。

 

速習WEBサイトサロンの木村建太です。

 

WEBマーケティング系の講座をしていると、

TOPレベルによくされる質問があります。

それは、

「Facebookでもっと告知とかしたほうがいいですかね?」

とか、

「インスタやれよって知り合いに言われたんですけど、効果ありますか?」

といった、SNSの集客に関する質問です。

この質問に対する答えは決まっています。

「自分の集めたいお客さんがそのSNS上にたくさんいるかどうか?」

というところにつきるのです。

もちろん、やってマイナスになることは無いですが、

Facebookやインスタやツイッター、LINEが

いくら流行っているからって

お客さん集めはある程度頑張る必要があります。

なので、

自分のお客さんになりうる人が少ないSNSだと

労力に見合った効果がない人が多いです。

また、もう一つ気をつけないといけないのは、

 

SNSは「売り場」ではなく「広場」だということです。

ですので、

「SNSは興味をもってもらうための入り口にして

 

ホームページや実際の店舗に

 

きてもらってから販売をする」

 

という鉄則は覚えておいてください。

そしてそして、最後にとっても役立つ統計情報です。

総務省が発表した去年2016年の年代・性別SNS利用率です。

統計の結果と自分のイメージがきちんと合っているか

 

是非チェックしておいてくださいね。

 

※データは二次利用の許可されたものを掲載しています。

年代・性別SNS利用率2016年

平成29年版 情報通信白書より抜粋

 

今日も読んで頂いてありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る